住宅の地盤の強さをチェック!調べ方を元不動産会社員が伝授

地図と家のイメージ
とまりぎ
こんにちは 不動産会社勤務経験者のとまりぎです!

「今住んでいる住宅の地盤の強さってどうやって調べるの?」

これから住もうとしているマンション・アパートの周囲の地盤が安全か知りたい

とお困りではありませんか?

住宅のある場所の 地盤が危険でないか きちんと知っておきたいものですよね。

そこで今回は、WEBで見られる地図を最大限に活用して住んでいる地域の地盤をカンタンに調べる方法をご紹介します。

使うのはインターネットから無料で見られる地図だけなので、その場でサクッと確認できますよ。

加えて、洪水や土砂災害のリスクをチェックする方法もお伝えしますので、参考にしてみてくださいね。

住宅の安全性を確認するカンタンな方法

今回は 2種類の地図 を使用します。

  1. ハザードマップ
  2. 地理院地図(国土地理院の提供する地図)

すべてインターネットにアクセスできる環境さえあれば、会員登録などすることもなく無料でお使いいただけます。

これらを活用して、自分の住んでいる地域が安全か確認していきましょう。

地盤がゆるくないか確認する

地割れ

地盤がゆるいと、地震や災害が発生したときに次のような問題が起こります。

  • 地割れ
  • 液状化現象
  • 土砂災害

上記を回避するため、地盤の状態を地図で確認しておきましょう。

使うのは国土地理院の地理院地図。

さっそく開いて確認します。

次のリンク先にアクセスしてください。

地理院地図

左上に「地図」のアイコンが表示されていたら、これをクリックしてください。

すると、左側に「地図の種類」というパネルが表示されるはずです。

そのなかの 「地形分類(自然地形)」と「地形分類(人工地形)」をクリックして水色にします。

これで地図分類図が重なりました。

この状態で地図を拡大し、住宅のあるエリアを表示させましょう。

見やすいサイズまで拡大したら、右下の「表示値の説明」をクリック、別ウインドウがされたら閉じて地図に戻ってください。

これで地図上をクリックすると地盤に関する説明が表示されます。

黄色っぽいところはリスクが少ない、赤いほど人工的に作られた土地のためリスクが多いなどの規則がこの地図からわかります。

これで地盤の強さがチェックできましたね。

地盤だけ確認しても、住宅のある場所が安全とは言い切れません。

次は、洪水や津波・土砂災害などのリスク を見ていきましょう。

地理院地図の詳しい使い方は「土地の成り立ちから災害リスクを知ろう」の解説ページをご覧ください。

災害のリスクを確認する

家と川のイメージ

ここからは、災害のリスクを調べていきます。

過去の災害記録を見る

周辺の 過去の災害の記録 を見れば、災害のリスクの見当がつきます。

ここでも地理院地図を使いましょう。

地理院地図

左側の「災害伝承・避難場所」、「自然災害伝承碑」の順にクリックし、「自然災害伝承碑(すべて)」を選択して地図を拡大してください。

たとえば「波除碑」という石碑が立っていれば、その付近で過去に津波があったということがわかります。

避難経路を確認する

このほかに、「災害伝承・避難場所」から「指定緊急避難場所」をクリックすると 避難経路の確認 ができます。

災害種別を選んでマークを表示させ、右上のツールをクリック。「断面図」を選択し、始点と終点を結んでダブルクリックすると土地の高低差が可視化 されます。

出発地点から何メートル歩いたら標高が高い場所に逃げられるかを確認しておきましょう。

たとえば、以下の図では240メートル歩いた地点で標高が7mに上がることを示しています。

避難経路図

また、左側の「近年の災害」から「台風・豪雨等」を選ぶと、実際の浸水被害などが表示できます。

続いて、大雨で浸水するリスクがないかをチェックしましょう。

大雨で浸水しないか

浸水

用意するのはハザードマップ。

以下にアクセスして、右の「わがまちハザードマップ」から地図か都道府県・市区町村名で場所を選びましょう。

ハザードマップポータルサイト

各自治体によって仕様が異なりますが、チェックするのは「洪水ハザードマップ」や「土砂災害ハザードマップ」。

大雨・洪水時に浸水被害や土砂災害などのおそれがあるかどうかを見ます。

そのほかの地図ではリスクが見えなかったのに、ハザードマップで見たらリスクが危なかった、ということも。

住むなら水没の危険がない場所を選びましょう。

まとめ

今回は、地図を活用して住宅の地盤をチェックする方法 をお伝えしました。

2種類の地図を使うと次のことが確認可能です。

  • 地理院地図…地盤の強さ・過去の災害・避難経路
  • ハザードマップ…水没の危険がないか

上記を活用すれば、次の災害から身を守れます。

  • 地盤沈下
  • 浸水被害
  • 土砂崩れ
  • 津波

この記事を参考に、安全・安心な暮らしができればうれしい限りです。