【一人暮らし】部屋探しの時期はいつが狙い目?元不動産会社員が最高のタイミングを暴露!

カレンダーとパソコンを前にした女性

部屋探しするなら時期はいつがいい?

いい物件が出てくる時期を狙って部屋探ししたい!

上記のような疑問・思いを持っていませんか?

とまりぎ
こんにちは 不動産会社勤務経験者のとまりぎです!

一人暮らしをするなら、優良物件がたくさん安く出てくる時期を狙いたいですよね。

そこで今回は、不動産会社勤務歴のある私が部屋探しのベストタイミングをお伝えします。

これを読めば部屋探しだけでなく、交渉を有利にしやすい時期さえもバッチリわかりますよ!

部屋探しに最適な時期

一人暮らしをするには、借り手にとって都合のよい条件が重なるタイミングを狙いたいもの。

借り手に都合のよい条件とは、以下の5つです。

  1. 優良物件が多い
  2. ライバルが少ない
  3. 物件が割安になる
  4. 家賃の交渉をしやすい
  5. 引っ越しが安い

結論からいうと、これら5つの条件が重なるタイミングは6月です。

なぜ6月なのかをハッキリさせるため、上記の条件をひとつ一つ順番に説明します。

優良物件が多い

まず優良物件が多い時期について。

良い物件が出てくるタイミングは 5月の連休明け〜8月中旬と10月〜12月です。

1月〜3月にかけては、4月から入学する学生や新入社員が新居をもとめて殺到する時期。

4月から5月上旬にかけては、新居が見つからなかった人たちが必死になって部屋探しをします。

そんな状況だから、良い物件は次々に取られてしまう。

はげしい競争がすでに終わっている5月の中旬。

この頃に出ている物件は「売れ残り」の可能性があります。

そこから少しずつ新たな物件が出てきて、 5月下旬から6月に差し掛かる頃には物件がどんどん増えていく。

競争の終わりからひと段落した6月。

この頃には優良物件が集まってくるわけですね。

8月中旬くらいまではこうした状況が続きます。

それから人事異動のある9月頃にまた入居希望者が増え、10月~12月にはピークが過ぎてふたたび物件数が増えます。

ライバルが少ない

次にライバルが少ない時期について。

さきほどの話で5月上旬までは競争がはげしいとお話ししました。

ということは、 5月上旬以降には競争は落ち着くはず。

ゴールデンウイークを過ぎると入居希望者は減るってことですね。

さらに5月病の時期ということもあり、ゴールデンウィーク明けになると、物件を探したり引っ越しをしたりする気力が湧かなくなってきます。

6月になれば梅雨入りします。

雨がじとじと降ると、ますますだるくてやる気が出ない。

こうして 5月の連休明けから梅雨時は、ライバルが減るのです。

ライバルがいないと時間をかけて物件を選ぶこともできます。

成約のペースが緩やかだからですね。

この点もメリットのひとつです。

物件が割安になる

物件が割安になるのは 入居希望者が減少するからです。

逆にいえば、入居希望者が激増する 1月から3月は家賃が割高な時期。

その時期を避ければしぜんと家賃は下がっていきます。

長い間決まらなければ、賃料を下げて募集をするしかなくなるからです。

家賃の交渉をしやすい

家賃の交渉をしやすいのも、入居希望者減少のためです。

入居希望者の多い時期は不動産会社が忙しいので、家賃を下げてほしいと要望をぶつけても交渉に時間を割いてくれません。

不動産会社の担当者も強気です。設定した賃料に文句を言わず契約してくれる人を求めてきます。

5月なかばから6月頃になれば不動産会社は暇。閑散期に入ったこの時期なら、入居希望者が丁重に扱われます。

交渉に応じてくれる確率も上がります。

引っ越しが安い

引っ越しが安いのは、 引っ越し業界の閑散期が6月だからです。

梅雨入りするとより引っ越し申し込みの数が減って、安い上に予約が取りやすくなります。

ただ、誰もが引っ越しをしたがらない時期だからこそ面倒なこともあります。

雨対策をしっかりしないといけない。

これだけが、この時期に引っ越しをするデメリットです。

引っ越しの手続きまではスムーズですが、引っ越し当日に荷物が濡れないように工夫をするという、よけいなひと手間がかかります。

もちろん、業者側である程度は雨対策をしてくれますが、どの程度まで濡れないようにしてくれるかは、選ぶ業者によって差があるでしょう。

梅雨時に引っ越すなら、こうしたリスクも考慮する必要があります。

部屋探しに便利なサービス

ここからは部屋探しに使える便利でお得なサービスをご紹介します。

これらのサービスを活用すると、通常より部屋探しが楽になったり、初期費用を安くなったりするのでぜひ利用してみてください。

ietty(イエッティ)

iettyはチャットで物件を探してくれる無料サービスです。

会員登録して探している部屋の希望条件をチャットで伝えるだけで、一致した部屋の情報がどんどん届きます。

内見もチャットで予約して、現地で待ち合わせするだけ。

登録はたった3分で完了。

しかもietty経由で物件に申し込むと仲介手数料が半額になります。

不動産会社へ行って対面で話をするのが苦手な方はこちらを活用してみてはいかがでしょう。

▼無料登録はこちらから

▼iettyの詳細は以下の記事にまとめています。

スマホを操作する女性

イエプラ

イエプラは、大手賃貸情報サイトから検索で見つからない物件も探せるチャットサービス。

登録してチャットで希望を伝えると、すぐ一致した物件を紹介してくれます。

深夜0時まで営業しているので、夜遅くでも相談OK。

通常の賃貸情報サイトから物件を問い合わせると、返信があるまでに1~3日程度かかりますが、イエプラはなんと、1分で返事がきます。

iettyの他にこちらにも登録しておくと部屋探しの幅が広がりますよ。

↓チャットでカンタン部屋探し!
イエプラの登録はこちらから↓
 

東京6万以下のお部屋探し「部屋まる。」

東京近郊(東京、神奈川、千葉、埼玉)に限られますが、6万円以下~2万円以下の物件がたくさん掲載されています。

気になる物件の問い合わせも、希望の条件で探してほしいとの要望を伝えるのもありです。

店舗は新宿店と目黒店の2店舗があり、サイト内のボタンを押してフォームからと電話からの両方で来店予約ができます。

「幸せ!ボンビーガール」などのテレビ番組でも紹介 された一人暮らしをする人にとって心強いサービスです。

↓格安物件が見つかる!
利用はこちらから↓

キャッシュバック賃貸

入居が決まると引っ越し祝い金がもらえる「キャッシュバック賃貸」。

キャッシュバック賃貸サイトから問い合わせた物件に契約するか、キャッシュバック賃貸サイトを通じて問い合わせた不動産会社から紹介された物件に契約すると、祝い金を受け取ることができます。

↓入居で祝い金ゲット!
キャッシュバック賃貸の登録はこちらから↓

賃貸情報についての情報は下記の記事に詳しくまとめてあるので、参考にどうぞ。

家とルーペ

まとめ

今回は、一人暮らしの部屋探しにベストなタイミングについてお伝えしました。

借り手に好都合な5つの条件が重なるため、部屋探しは6月がベストタイミングです。

5つの条件をおさらいすると次のとおりです。

  1. 優良物件が多い
  2. ライバルが少ない
  3. 物件が割安になる
  4. 家賃の交渉をしやすい
  5. 引っ越しが安い

というわけで、部屋探しをするなら梅雨入りする頃の6月を狙うのをオススメします!

↓以下の記事も部屋探しの参考にどうぞ

一人暮らしを始めたい! 部屋探しの手順を6つのステップで完全解説

賃貸情報サイトは何曜日に更新?元不動産会社員が暴露!【〇曜更新】

【検証】手取り15万円で一人暮らしできる?【完全シミュレーション】

「ietty(イエッティ)」で物件を内見するまでの全手順【元不動産会社員が解説】