手取り15万円で一人暮らしは厳しい?【元不動産会社員が完全シミュレーション】

床で1万円札を数枚集める男性

月収手取り15万円で一人暮らしってできる?

そんな疑問を抱いていませんか。

とまりぎ
こんにちは 一人暮らし歴15年、不動産会社勤務経験者のとまりぎです!

一人暮らしがはじめてだと、どのくらいの収入なら問題なく賃貸アパート・マンションで暮らせるかわからなくて不安ですよね。

給料15万円で一人暮らしは厳しいよと周囲からいわれた方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、手取り15万円で一人暮らしはできます。

もちろん都会でも。

今回は手取り15万円で一人暮らしができる理由と具体的なシミュレーションをします。

これを読めば月収15万円でも余裕をもって一人暮らしをスタートさせられますよ!

家賃いくらの物件を選べばいいの?

手取り15万円の場合、家賃いくらの物件を選べば問題なく一人暮らしできるか?

まず疑問に思うのは上記のことではないでしょうか。

答えをいってしまうと、手取り15万円なら家賃は5万円がベストです。

一般的に、 暮らしやすい家賃は給与の1/3だと考えられています。

手取り15万円の1/3だから、5万円ですね。

都心部で5万円以下の物件だと部屋が狭い、駅から遠いといったデメリットもある程度覚悟しないといけません。

ただ、5万円ジャストぐらいならそこまで住みにくい物件ではないでしょう。

というわけで、5万円の物件に住むシミュレーションをしてみます。

シミュレーションA ー家賃5万円ー

VRを楽しむ男性1

このシミュレーションは、そこそこの物件に住んであまり節約しないパターンです。

5万円で都会に住む場合ですね。

以下、内訳です。

家賃5万円
食費 3万円
光熱費 1万5千円
通信費(ネット代+携帯代) 8,617円
日用品 5千円
合計 10万8千617円

いかがでしょう。

思ったよりキツくなさそうじゃないですか?

食費は1日あたり千円の計算です。

光熱費は結構高めに設定してます。

通信費は、統計からスマホの平均月額を4,617円、インターネットプロバイダの平均月額を4,000円と見積もりました。

参照:MM総研「スマートフォン利用者の月額利用料金は4,617円」

参照:NURO「インターネット料金が高くなる4つの理由と節約方法5選」

他に交際費や交通費、洋服代などで1万5千円〜2万円の出費があるとしても、やりくりできますよね。

シミュレーションB ー家賃4万5千円ー

VRを楽しむ男性2

続いて、ほどほどに節約してそこそこ安い物件に住むパターンです。

家賃を5万円から5千円引き下げて 4.5万円にしました。

都心部では難しいとしても郊外などでは可能な額です。

以下、内訳です。

家賃4万5千円
食費 2万円
光熱費 1万2千円
通信費(ネット代+携帯代) 8,617円
日用品 2千円
合計 8万7千617円

安い!と思いませんか。

節約の加減もほどほど。

徹底的でなく、ゆるーく出費をおさえる程度です。

それでも トータルで10万円以下

通信費は、統計からスマホの平均月額を4,617円、インターネットプロバイダの平均月額を4,000円と見積もっています。

参照:MM総研「スマートフォン利用者の月額利用料金は4,617円」

参照:NURO「インターネット料金が高くなる4つの理由と節約方法5選」

これなら無理なくやっていけそうですよね。

シミュレーションC ー家賃2万5千円ー

VRを楽しむ男性3

超格安の物件に住んで節約をがんばるパターン

一気に家賃2万5千円まで引き下げたシミュレーションをするとどうなるか。

以下、内訳です。

家賃2万5千円
食費 1万5千円
光熱費 1万円
通信費(ネット代+携帯代) 5,889円
日用品 千円
合計 5万6千889円

トータルでも手取り15万円の1/3を少し上回る程度という驚異的な数字になりました!

ただし、これを実現するにはだいぶ我慢しないといけないので、家賃以外の生活を切り詰めるのはあまりオススメしません。

通信費は、スマホを格安SIMにした平均月額を1,889円、インターネットプロバイダの平均月額を4,000円と見積もっています。

参照:MM総研「スマートフォン利用者の月額利用料金は4,617円」

参照:NURO「インターネット料金が高くなる4つの理由と節約方法5選」

ちなみに、家賃2万5千円で節約をしないパターンもシミュレーションすると、以下のようになります。

家賃 2万5千円
食費 3万円
光熱費 1万5千円
通信費(ネット代+携帯代) 8,617円
日用品 5千円
合計 8万3千617円

これもいけますね!

家賃が破格の安さなら、他が普通でも生活はできるってことがこの数字からわかります。

3万円以下の格安物件は本当にあるのか

シミュレーションCでは家賃を2万5千円に設定しました。

「でも、現実にそんな格安物件なんてあるの?」

と思われたかもしれません。

ところがあるんです!

試しに賃貸情報サイト「アパマンショップ」の3万円以下の物件探しページで検索してみてください。

↓↓↓こちらからどうぞ↓↓↓

アパマンショップ

東京23区で賃料の上限を設定して検索してみると、45件ヒットしました。

アパマンショップ
画像はアパマンショップから

選んだ地域によっては数が少ないかもしれませんが、 2万5千円は現実的にあり得る家賃だと。

こうして探すと、2万5千円 以下の物件だってあります。

「アパマンショップ」に限らず、他の賃貸情報サイトでも3万円以下物件の検索はできるので、ぜひ確かめてください。

6万円以下の物件を専門的に扱う「部屋まる。」では、2万円以下特集もあります。

こうしたサイトも活用しましょう。

↓↓↓こちらからどうぞ↓↓↓

東京6万円以下専門の部屋探し【部屋まる。】

青空と高層ビルと顔に右手人差し指を当てる女性

予想外の出費のことも考えておこう

11000円を見つめる女性

シミュレーションでは交際費などの出費について触れましたが、これらのほかに 病院や家電の故障といった不測の事態も考慮しておくとよいでしょう。

冠婚葬祭費などもあります。

不測の事態に備えて貯金があれば万全です。

ない場合は月収から捻出することになります。

シミュレーションBとCは数万円の出費があっても大丈夫ですね。

でも Aはギリギリです。

Aでこうした予想外の出費があった月は、食費を節約するか、交際費をなくすといった努力をしないといけません。

一時的には大変ですが、ずっと続くわけではないのでなんとか乗り切っていきましょう!

スマホ代を徹底的に節約する方法

スマホを格安SIMにすれば携帯代をひと月1,889円程度に抑えられます。

参照:MM総研「スマートフォン利用者の月額利用料金は4,617円」

でも、実は格安SIMより楽天モバイルを契約した方が携帯代を安くできます。

うまく使えばなんと 0円です。

楽天モバイルの月額の仕組みは次のような段階式になっていて、使った分だけ料金が請求されます。

楽天モバイルの料金の仕組み
画像は楽天モバイル公式サイトから

1GB以下なら0円が可能、1GBをオーバーしたとしても3GBまでは1,078円です。

しかも 通話は制限時間なしのかけ放題 が利用できるので、通話料金が一切かかりません。

さらに契約時の初期手数料が0円。契約解除料も0円です。

使い方によってはとことん携帯代を節約できますよ。

▼楽天モバイルはこちらから申し込めます▼

まとめ

今回は月収手取り15万円で一人暮らしが可能だという話と、3つのシミュレーションをご紹介しました。

ここまでをおさらいすると次のとおりです。

  • 家賃5万円、4万5千円、2万5千円のどの物件を選んでも一人暮らしは可能
  • 2万5千円の物件はちゃんと存在する
  • 普段から予想外の出費のことも考えておくことは大事

これから15万円で一人暮らしをはじめる気持ちになってくれたら嬉しいです。